センバツ作品賞はこちら >>

読者賞 >>

結果発表:センバツ作品賞

第1位 マッティは今日も憂鬱

作者 カロリーナ・コルホネン
訳者 柳澤はるか
出版社 方丈社
制作国 フィンランド

皆様から寄せられたコメント

リフ さん

素晴らしいです。シンプルで洗練された絵柄。フィンランドと日本の架け橋になると思います。

まこりる さん

実際にフィンランドにいた経験からしても、日本人とよく似てるなーと思う人種です。プライベートスペースがあるから連続して座らなかったり目を合わせなかったり…
フィンランドもう一度行きたい!数年暮らしたい!

第2位 HERE ヒア

作者 リチャードマグワイア
訳者 大久保譲
出版社 国書刊行会
制作国 アメリカ

皆様から寄せられたコメント

どろんぱ さん

「時間・歴史・哲学」の領域をグラフィック表現においてどのように探究できるか興味深い一冊。「グラフィック・ノベル」として、ことばよりもむしろヴィジュアルで文学性を追求する志向がおもしろい。クリス・ウェアの解説が収録されているのも嬉しい。

第3位 DCユニバース:リバース

作者 ジェフ・ジョーンズ
ゲーリー・フランク
訳者 高木亮
出版社 小学館集英社プロダクション
制作国 アメリカ

皆様から寄せられたコメント

ノッピ さん

初めて読んだとき、衝撃と感動を味わいました。 ウォリーの復活JLS,LSHの復活の示唆、謎の人物ミスターオズの登場、そして、ユニバースに潜む脅威の存在。 ジェフ・ジョーンズの圧倒的なライティングとヒーロー愛が物語に一層の深みを与えていると感じました。

小野耕世特別賞オリエンタル・ピアノ

作者 ゼイナ・アビラシェッド
訳者 関口涼子
出版社 河出書房新社
制作国 フランス/ベルギー

小野耕世さんからのコメント

皆様から寄せられたコメント

イトウユウ さん

マンガのコマ割りというのは、見開きページ(どころか、折り込みページもありますが。)を〈デザインする〉作業なんだ、ということを改めて思い出させる鮮烈なグラフィック!
絵は、アメコミはこうでなくちゃ!っていうスバラシイ絵でした。

第4位 ウルヴァリン:オールドマン・ローガン

作者 マーク・ミラー
スティーブ・マクニーブン
訳者 秋友克也
出版社 ヴィレッジブックス
制作国 アメリカ

皆様から寄せられたコメント

T-ZOK さん

ポストアポカリプスとヒーローが出会って恋をした!
マーク・ミラーならではの皮肉や搦め手を駆使しつつ、
かつて彼がこれほどまでにヒロイックな熱き魂を貫き通した一本があっただろうか!

第5位 ザ・ボーイズ

作者 ガース・エニス
ダリック・ロバートソン
訳者 椎名ゆかり
出版社 誠文堂新光社
制作国 アメリカ

皆様から寄せられたコメント

佐野悠介 さん

世の中は腐っていた。ヒーローはどこにもない。
内容が少しグロデスクな表現とか性的な表現がいっぱい出てあるが、そんなに悪くない作品だった。
これこそが本物のアメコミではないかと思った。

4位以降の結果はこちら >>

結果発表:読者賞

第1位 ケーブル&デッドプール:銀の衝撃

作者 ファビアン・ニシーザ
パトリック・ジルシャー
訳者 小池顕久
出版社 ヴィレッジブックス
制作国 アメリカ

皆様から寄せられたコメント

森野田静奈さん

次が楽しみです。
いかつくおじさんとボケなおじさんのミッションイン・ポッシブルです。
まだ読んでない人でも、1部を読まなかった人でも読んで下さい!!(^▽^)/

第1位 GET JIRO!

作者 アンソニー・ボーデイン
アレ・ガルザ、ラングドン・フォス
訳者 椎名ゆかり
出版社 誠文堂新光社
制作国 アメリカ

皆様から寄せられたコメント

クマーヌさん

ジローのキャラクター性、爽快感、設定等、目新しいものが見れ、脳にビンビン刺激されました。一見の価値ありと思います。

第3位 スーパーマン:サン・オブ・スーパーマン -REBIRTH-

作者 ピーター・J・トマシ
パトリック・グリーソン
訳者 中沢 俊介
出版社 小学館集英社プロダクション
制作国 アメリカ

皆様から寄せられたコメント

や浜はまだ さん

スーパーマンがかっこよくてジョナサンくんもいい味出してた

4位以降の結果はこちら >>

センバツ賞はこちら>>

2016年度受賞作品はこちら >>
2015年度受賞作品はこちら >>
2014年度受賞作品はこちら >>
2013年度受賞作品はこちら >>
2012年度受賞作品はこちら >>
2011年度受賞作品はこちら >>

go_to_top