「ワンピース」ネタバレ1114話!感想と考察まとめ

ベガパンクによる衝撃発言で大盛り上がりを見せた1114話。

今回は1114話の内容をまとめるとともに、実際に読んだ私の感想。そして世間の感想考察をまとめます。

世界の行く末を公開したベガパンク。読んだあなたも、思うことはあるでしょう。

本記事ではあらゆる視点の感想と考察をまとめるので、あなたの感覚と照らし合わせたい方は必見です。

目次

「ワンピース」ネタバレ1114話の感想と考察

1114話の内容を大きくまとめると、以下4つの項目に分けられます。

詳しくはこちらの「ワンピース」ネタバレ1114話!「巨大地震で世界は海に沈む!?」をどうぞ。

  • 「世界は海に沈む」で世界は大混乱!?
  • 「世界沈没」は自然災害!?
  • マザーフレイムが発見される!?
  • ついに「空白の100年」が明らかに!?

ここからは、考察を含んで1114話を振り返っていきたいと思います。

今回の考察を先にまとめると、以下のとおり!

  • 世界は大混乱だが「赤犬」はすべてを知っていた!?
  • 「世界沈没」により「神の国」を奪い合う戦いが起こる!?
  • マザーフレイムに書かれたA&MUは「アトランティス大陸」と「ムー大陸」
  • 空白の100年と世界初の海賊「ジョイボーイ」

それでは1つずつ解説していきましょう。

世界は大混乱だが「赤犬」はすべてを知っていた!?

ワンピース1114話では、前話のベガパンクによる「世界は海に沈む」に対する世間の反応から始まりますが、当然のように大混乱。

対して赤犬は無言でした。恐らく、赤犬は真実を知っているのでしょうね。

サカズキ元帥の表情…コレ、真相を知ってそうな感じよね?2年前の頂上戦争でのセンゴクのこの反応も訳知りのように思える。代々“元帥”にはこの世界の真実を伝えてるのかな?「大変だろう?“元帥”…」。。。

「X」より引用

そして赤犬以外にも、センゴクとかも真実を知っていそうな予感がします。海軍大将にまで上り詰めたら真実を引き継がれるのではないでしょうか。

これに関してはかなり議論されていることですが、答えを出すにはまだ情報が少ないので、一旦このままにしておきます。

「世界沈没」により「神の国」を奪い合う戦いが起こる!?

さて、1114話の続きですが、世界の混乱が描かれた後は、インペルダウンにシーンが移りました。そこではマゼランとドフラミンゴの姿が。

当然ベガパンクの「世界は海に沈む」について議論しているのですが、ドフラミンゴは「高い場所へ引っ越すか?」という発言をしました。

この「高いところ」は、恐らくレッドラインのことを言っているのだと思われますが、ここで思い出してほしいのが「神の国」の話。

ワノ国で、マルコと白ひげが会話をする回想シーンが流れましたが、そのとき「レッドラインの上はマリージョア。しかし、はるか昔は神の国があった」と発言していました。

『みんなで引っ越すか!? 高い場所へよ!!!』。ドフラミンゴが言ってる事が 全てだと思う。沈みゆく世界の中、レッドラインの上の “神の国”の土地を奪い合うたたかいが起こったと。それが後に起こる “最も巨大な戦い”であり空島で起こったことでもある。ここに来て全てがつながる

「X」より引用

世界が沈むということは、沈まない土地の奪い合いが起こることは間違いありません。そしてはるか昔に、「神の国」を奪い合う戦いが実際に起きたのでしょう。

その巨大な戦いがまた起きる。そう白ひげは言いました。世界中を巻き込んだ巨大な戦いは、「神の国」を奪い合う戦いと考察します。

マザーフレイムに書かれたA&MUは「アトランティス大陸」と「ムー大陸」

ベガパンクの配信は止められず、五老星は慌てている様子。かなり暴れまわっていますが、本命の電伝虫を発見できないでいます。

そんな中、ベガパンクはある一つの罪について話をしました。それは「永遠のエネルギーを追い続けた」こと。それは「太陽に近づきすぎてしまったこと」と表現していますが、これはマザーフレイムのことのようです。

その話の中で、マザーフレイムが描かれました。培養器の中に入っており、かなり小さな炎のようです。しかし、それを覆っている設備はかなり巨大で、そこには「A&MU」の文字が。

この「A&MU」が考察要素の高い文字でして、実際に調べてみましたが、かなりいろんな考察が飛び交っています。

その中でも特にしっくりきた考察が、「A&MU」はA=アトランティス。MU=ムー大陸という説。

ワンピース最新話にて。マザーフレイムに書かれていたA&MUについて。「ATOM」で原子力ってのも好きだが、これはかなり理にかなってて好きな考察。

「X」より引用

地震と大洪水に見舞われ、1日にして海中に消えたとされるのが「アトランティス大陸」。そして、かつて太平洋上に存在したと言われる「ムー大陸」。

アトランティス大陸は沈み、ムー大陸は消された。これを意味してベガパンクは「A&MU」と名付けたのではないでしょうか。

空白の100年と世界初の海賊「ジョイボーイ」

1つ目の罪を話し終えたところで、続けてベガパンクは2つ目の罪を話し始めました。

その罪とは、ポーネグリフを解読して「空白の100年」を研究してしまったことでした。

そしてその研究内容を話すのですが、それは不完全な100年間の物語。ベガパンク自身、すべてを知っているようではないとのことです。

さらに話を続け、判明した真実のみを語ると言うのですが、研究結果より「空白の100年」に主人公がいたようです。

エルバフに伝わる「太陽の神二カ」のように、伸縮する体で戦った男が主人公。そしてその男は、「この海で初めての海賊」と呼ばれた男。

最後に、その男の名前を明かしました。「空白の100年」の主人公。その男の名は・・・ジョイボーイ。

ここで1114話は幕を閉じるのですが、最後の最後でとんでもない発言。

これでいろいろと分かってきたことがあるのですが、恐らくジョイボーイが「始まりの海賊」。そしてロジャーが「紡いだ海賊」。そしてルフィが「最後の海賊」なのでしょう。

https://twitter.com/manganouA/status/1789830831449448449

この流れ、ルフィが大海賊時代を終わらせる“最後の海賊”になるの??

「X」より引用

そして、尾田先生がかつて明言していた「終盤に出てくる眼帯の海賊」は、ジョイボーイのことで間違いないでしょう。

“原初の海賊”ジョイボーイ。彼が尾田先生が言ってた「“物語の終盤”で一人だけ登場する“眼帯の海賊”」なんやろねぇ。

「X」より引用

「ワンピース」1114話ネタバレ感想考察まとめ

  • 世界は大混乱だが「赤犬」はすべてを知っていた!?
  • 「世界沈没」により「神の国」を奪い合う戦いが起こる!?
  • マザーフレイムに書かれたA&MUは「アトランティス大陸」と「ムー大陸」
  • 空白の100年と世界初の海賊「ジョイボーイ」

以上、1114話のネタバレ感想と考察でした!

次回、1115話が公開され次第、当サイトでまとめていきますのでお楽しみに!

>>【ワンピース】漫画全話ネタバレはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画の購入に繋がるよう「魅力」を伝え、漫画業界を盛り上げたい。他サイトでは漫画の購入には繋がらないような「ネタバレしすぎ」な記事ばかりなので、当サイトで検索上位を独占して「ネタバレしすぎなサイトを淘汰してやろう」と考えています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次