【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】第44話ネタバレ

【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】第44話ネタバレ

本記事は、撲殺ピンクの第44話のネタバレ記事となっております。

前話はこちらの【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】第43話ネタバレをどうぞご覧ください。

前話はこちら

\無料で読むならこちら/

【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】全話ネタバレまとめ

13万冊以上が30日間無料で選べる!!

目次

【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】ネタバレ第44話:ふたり

鴉たちは愛の隠れ家を探すことができなかった公安たちを笑っている。

そうやって、1人の警察官をボコボコにしてしまったのである。

鴉は残りの警察官たちに全力を持って隠れ家を探すように指示をしたのであった。

ナカテツでさえも、隠れ家を探すのはなかなか苦労しているらしい。

知春はその頃、子供のDNAの件で、村岡刑事と電話をしていた。

村岡刑事はカッコウのことも併せて操作してくれるらしい。

それと、同時に、新しいピンクが動き出そうとしていた。

すでに、このピンクは愛達が当たりをつけていて、監視体制に入っていた

愛とオードリーは何かあったらすぐにでも行動を起こせる体制に入っている。

今回のピンクは人形偏愛と言う症状を持っていた。

普通の人形が好きな人は、ピグマリオンコンプレックスと言って、そこまで心配のある存在ではないのだろう。

このアガルマトフィリアと言う症状は、人形に性的関心を持つものなのである。

それ自体も特に悪い症状と言うわけでは無いのだが、この男は実際に女の子を襲撃したりしているのであった。

まだ何がきっかけで、そういう事件が発生するのかわからないが、この男は見た目が人形みたいな子を狙っているらしい。

オードリーは今回の事件を聞いてこの事件は自分単独で挑むと言いだし始めたのである。

ピンクがターゲットにしている女の子のタイプを見てぴんときたのである。

ターゲットになっているのは、自分が愛している人形にそっくりな女性たち。

オードリーなら、そのタイプになりきることができると確信したのである。

\無料で読むならこちら/

【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】全話ネタバレまとめ

13万冊以上が30日間無料で選べる!!

まとめ

本記事では、撲殺ピンクの第44話ネタバレをまとめました。

続きの第45話のネタバレを知りたい方は、こちらの【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】第45話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画の購入に繋がるよう「魅力」を伝え、漫画業界を盛り上げたい。他サイトでは漫画の購入には繋がらないような「ネタバレしすぎ」な記事ばかりなので、当サイトで検索上位を独占して「ネタバレしすぎなサイトを淘汰してやろう」と考えています。

目次