【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】第56話ネタバレ

【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】第56話ネタバレ

本記事は、撲殺ピンクの第56話のネタバレ記事となっております。

前話はこちらの【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】第55話ネタバレをどうぞご覧ください。

前話はこちら

\無料で読むならこちら/

【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】全話ネタバレまとめ

13万冊以上が30日間無料で選べる!!

目次

【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】ネタバレ第56話:欲ばり

映画監督の高松は女優をターゲットにしているピンクである。

高松をつけ狙っていた男は高松の被害にあった女優の 弟だったのだ。

薬で中毒の男の発言をどこまで信用するかは少し疑問を残すところだ。

友は経験上男が間違ったことを言ってないのは 分かっていたのである。

愛は映画監督の SNS のアカウントをネットで発見した。

友春はこれからの自分たちのことについて おばあさんと話し合っていた。

今回のターゲットとなるピンク、 そして銅鐘男たち。

狙う ターゲットが2つになっては 任務もままならないであろうということを。

氷見がうつされていた200年前の写真は ダゲレオタイプと言われるものだった。

当時 この技術を使って写真を撮ることができていたものは限られていたのである。

つまり 日本で この技術を使えるものを洗い出していけば自然と氷見のも
までたどり着けるのである。

おばあさんがそんなことで思い悩む友春に アドバイスをしてあげた。

選ぶ必要はなくてどれも大切なもの。

それを一人で思い悩む必要はないと。

おばあさんは友春が隆三の代わりをしようと して プレッシャーを感じていることはわかっていたのだった。

おばあさんは隆三 だって昔はそんなに 出来が良くなかったのだと言っていた。

おばあさんは氷見の ほうは自分が受け持つから、友春は 今回の映画監督の方に専念していいというのだった。

映画監督は スナックで凝りもせずに次のターゲットとする女の子 の選定をしていたのであった。

\無料で読むならこちら/

【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】全話ネタバレまとめ

13万冊以上が30日間無料で選べる!!

まとめ

本記事では、撲殺ピンクの第56話ネタバレをまとめました。

続きの第57話のネタバレを知りたい方は、こちらの【撲殺ピンク~性犯罪者処刑人~】第57話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画の購入に繋がるよう「魅力」を伝え、漫画業界を盛り上げたい。他サイトでは漫画の購入には繋がらないような「ネタバレしすぎ」な記事ばかりなので、当サイトで検索上位を独占して「ネタバレしすぎなサイトを淘汰してやろう」と考えています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次