【怪獣8号】ネタバレ101話

【怪獣8号】ネタバレ101話
マンガMeeなら無料で漫画読み放題!
マンガmee

マンガMeeは、1400万DLを突破した、今一番熱い漫画アプリです。

無料で利用できるので、暇つぶしに漫画を読むのに最適。オリジナル作品も多いので、漫画好きにピッタリです。(私も愛用中)

少女漫画に特に強いアプリなので、気になる人は無料でダウンロードしてみてください↓

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

本記事は、怪獣8号の第101話のネタバレ記事となっております。

前話はこちらの【怪獣8号】ネタバレ100話をどうぞご覧ください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】ネタバレ101話

市川はこうやって先輩と肩を対等に並べられる存在にずっとなりたいと思っていた。

そして、そのチャンスが思ったよりも早く訪れたのである。

まずは、このエリアの怪獣をすべて倒して、自分の力を示す。

そうすれば、これからも安心して先輩は、自分に現場を任せられるようになるだろう。

市川は闘いながらそんなことを考えていたのであった。

市川は自分の子供の時のことを思い出していた。

自分のピンチの時に駆けつけてくれないヒーローなんて存在しないとずっと思っていた。

そんな市川の目の前に本物のヒーローが現れることになる。

それは自分を助けてくれたカフカだった。

市川は自分が助けられた時からカフカのことを目標にしていたのだった。

何回も助けてくれた先輩のことを、今のは自分が助ける番なのだと。

市川は6号の力を使って大怪獣たちを圧倒していた。

そして、残りの大怪獣は一体となる。

市川の上から巨大な大怪獣が降りそそいだ。

しかしカフカはもう振り返る事はなかった。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第101話ネタバレをまとめました。

続きの第102話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】ネタバレ102話をどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら

>>怪獣8号ネタバレまとめ

マンガMeeなら無料で漫画読み放題!
マンガmee

マンガMeeは、1400万DLを突破した、今一番熱い漫画アプリです。

無料で利用できるので、暇つぶしに漫画を読むのに最適。オリジナル作品も多いので、漫画好きにピッタリです。(私も愛用中)

少女漫画に特に強いアプリなので、気になる人は無料でダウンロードしてみてください↓

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画大好き人間による漫画ネタバレサイト。最近流行の漫画を中心にネタバレ記事をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次