【怪獣8号】ネタバレ100話

【怪獣8号】ネタバレ100話
漫画が無料で読み放題!!

コミック.jpなら新作漫画も定番漫画も選び放題!!(ラインナップは13万冊以上)

例えば、以下のような作品がラインナップに含まれています(新刊も随時更新される)

\人気作、旬な作品などが13万冊以上/

https://cl.link-ag.net/click/eaf030/34da23c1

有料アプリですが、最初の30日間は無料!利用してみて、気に入ればそのまま課金。

気に入らなければ30日以内に解約すれば費用請求無しという、破格のサービスです。

公式からも30日以内の解約に問題ないことが記載されているので、まずはお試し気分で漫画を読んじゃいましょう。

\30日間無料で利用可能/

途中解約OK!!

本記事は、怪獣8号の第100話のネタバレ記事となっております。

前話はこちらの【怪獣8号】ネタバレ99話をどうぞご覧ください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】ネタバレ100話

カフカのピンチに駆けつけてくれたのは市川だった。

市川は、自分の体の周りにファンネルのようなものを発動させて、怪獣の動きを止めた。

このファンネルのようなものは、大怪獣でも一瞬で動きを止めてしまうことができるらしい。

カフカはあまりにも市川がたのもしすぎて涙を流している。

そして駆けつけてくれたのは市川だけではなかったのである。

第3部隊の古橋も駆けつけてくれた。

四ノ宮キコルは霞ヶ関でボロボロになりながらも、怪獣と戦っている。

全くキリがないと思っていると、怪獣たちが爆発していくのが見えた。

ハルイチと葵が助太刀に現れたのである。

ここにたくさんの援軍が現れた理由。

それはカフカに一刻も早く9号の元へ向かって欲しいからなのである。

これを聞いて、改めて自分1人で戦おうとしていたことを反省するカフカ。

自分で自分の顔を叩いて目を覚まさせる。

自分には背中を任せられる仲間がいる。

カフカはそう言って、仲間たちに背を向けた。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第100話ネタバレをまとめました。

続きの第101話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】ネタバレ101話をどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら

>>怪獣8号ネタバレまとめ

漫画が無料で読み放題!!

コミック.jpなら新作漫画も定番漫画も選び放題!!(ラインナップは13万冊以上)

例えば、以下のような作品がラインナップに含まれています(新刊も随時更新される)

\人気作、旬な作品などが13万冊以上/

https://cl.link-ag.net/click/eaf030/34da23c1

有料アプリですが、最初の30日間は無料!利用してみて、気に入ればそのまま課金。

気に入らなければ30日以内に解約すれば費用請求無しという、破格のサービスです。

公式からも30日以内の解約に問題ないことが記載されているので、まずはお試し気分で漫画を読んじゃいましょう。

\30日間無料で利用可能/

途中解約OK!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画大好き人間による漫画ネタバレサイト。最近流行の漫画を中心にネタバレ記事をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次