「怪獣8号」ネタバレ107話

本記事は、怪獣8号の第107話のネタバレ記事となっております。

前話はこちらの【怪獣8号】ネタバレ106話をどうぞご覧ください。

目次

【怪獣8号】107話ネタバレ!

「怪獣8号」第107話では、カフカの作り出した新しい技が9号に直撃した場面からスタートする。

これは功と株価の共同作品とも呼べる技なのである。

この技が9号の核部にクリーンヒットしたために、9号は行動を停止したかのように思えた。

指令室では、生体反応を感じられないと大喜びしているが、1番手ごたえをわかっていたのはカフカだった。

カフカは技を当てた瞬間、微妙に違和感を覚えていたのだった。

9号の体の中から光輝くものが見えた。

9号は、体の中にシールドを作っていて、致命傷を免れていたのであった。

カフカはそれに気がついたので、9号が復活する前に攻撃を再開する。

後半では、9号の人間に対しての願望が描かれる。

そして、この戦いで成長しているのはカフカだけではなかったのであった。

続きはこちらの「怪獣8号」ネタバレ108話をどうぞ。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第107話のネタバレでした。

最新話は、こちらの「怪獣8号」全巻全話ネタバレまとめ【最新話更新】をどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら

>>怪獣8号ネタバレまとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画の購入に繋がるよう「魅力」を伝え、漫画業界を盛り上げたい。他サイトでは漫画の購入には繋がらないような「ネタバレしすぎ」な記事ばかりなので、当サイトで検索上位を独占して「ネタバレしすぎなサイトを淘汰してやろう」と考えています。

目次