【怪獣8号】ネタバレ75話

【怪獣8号】ネタバレ75話
マンガMeeなら無料で漫画読み放題!
マンガmee

マンガMeeは、1400万DLを突破した、今一番熱い漫画アプリです。

無料で利用できるので、暇つぶしに漫画を読むのに最適。オリジナル作品も多いので、漫画好きにピッタリです。(私も愛用中)

少女漫画に特に強いアプリなので、気になる人は無料でダウンロードしてみてください↓

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

本記事は、怪獣8号の第75話のネタバレ記事となっております。

前話はこちらの【怪獣8号】ネタバレ74話をどうぞご覧ください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】ネタバレ75話

保科が怪獣をあやつったことで、見事に滑走路の制圧には成功した。

周りのメンバーにも襲ってきた怪獣よりも、目の前の保科の方がよっぽど化け物に見えるようだ。

実際にシンクロ率が77%しかないのにもかかわらず、ほとんどすべての怪獣を殲滅してしまったのだ。

他の退院と同じように力を90%シンクロすることができたらどのくらい強くなるのだろうと。

他のエリアも同じように、大体は制圧成功したらしい。

残りの1つは大泉エリアである。

大泉エリアには6匹の巨大な怪獣が出現していた。

ここに派遣されていたのは東雲隊長だ。

カフカから通信が入る。

自分を前線に送ってくれと言っているようだ。

しかし、東雲はそれを却下する。

カフカは9号が現れたときの切り札として使いたいからだ。

それに、カフカの回収を目的としている怪獣に見つかったときにリスクが生じると言うこともある。

2人がそんなことを話している間にも近くで爆発が起きる。

巨大な怪獣を遠距離射撃する攻撃の正体は‥。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第75話ネタバレをまとめました。

続きの第76話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】ネタバレ76話をどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら

>>怪獣8号ネタバレまとめ

マンガMeeなら無料で漫画読み放題!
マンガmee

マンガMeeは、1400万DLを突破した、今一番熱い漫画アプリです。

無料で利用できるので、暇つぶしに漫画を読むのに最適。オリジナル作品も多いので、漫画好きにピッタリです。(私も愛用中)

少女漫画に特に強いアプリなので、気になる人は無料でダウンロードしてみてください↓

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画大好き人間による漫画ネタバレサイト。最近流行の漫画を中心にネタバレ記事をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次