【怪獣8号】ネタバレ89話

【怪獣8号】ネタバレ89話
漫画が無料で読み放題!!

コミック.jpなら新作漫画も定番漫画も選び放題!!(ラインナップは13万冊以上)

例えば、以下のような作品がラインナップに含まれています(新刊も随時更新される)

\人気作、旬な作品などが13万冊以上/

https://cl.link-ag.net/click/eaf030/34da23c1

有料アプリですが、最初の30日間は無料!利用してみて、気に入ればそのまま課金。

気に入らなければ30日以内に解約すれば費用請求無しという、破格のサービスです。

公式からも30日以内の解約に問題ないことが記載されているので、まずはお試し気分で漫画を読んじゃいましょう。

\30日間無料で利用可能/

途中解約OK!!

本記事は、怪獣8号の第89話のネタバレ記事となっております。

前話はこちらの【怪獣8号】ネタバレ88話をどうぞご覧ください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】ネタバレ89話

保科には何でも、完璧にこなせる兄がいた。

お兄さんは保科の家の完成形とまで言われるようになっていたのである。

つまりは、自分が出来損ないだったのである。

そして、時間は現在に戻る。

目の前には完成品と言っても良いだろう10号がいる。

それに対して、こちらは出来損ないが2人なのである。

保科はあらかじめ立てておいた作戦を遂行すべく、小此木にヘリコプターからオプションの装備を落下させた。

保科はシンクロ率を最大限まで上げても83%が限界らしい。

これは自分にとっての限界が、そこまでなのか、もしくは何かが足りないからか。

保科は自分の能力に限界があるのなら、戦術でそれをカバーするつもりでいたのである。

今までは、日本の刀を使う二刀流だったが、ここで初めて保科が行ったのは一刀流。

このスタイルにしたのは理由があった。

敵は、今までのこっちのスタイルを観察して、こちらに合わせて対策をとってきたのであろうと。

この1本の刀で、敵に打ち勝つことが保科の存在証明だったのである。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第89話ネタバレをまとめました。

続きの第90話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】ネタバレ90話をどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら

>>怪獣8号ネタバレまとめ

漫画が無料で読み放題!!

コミック.jpなら新作漫画も定番漫画も選び放題!!(ラインナップは13万冊以上)

例えば、以下のような作品がラインナップに含まれています(新刊も随時更新される)

\人気作、旬な作品などが13万冊以上/

https://cl.link-ag.net/click/eaf030/34da23c1

有料アプリですが、最初の30日間は無料!利用してみて、気に入ればそのまま課金。

気に入らなければ30日以内に解約すれば費用請求無しという、破格のサービスです。

公式からも30日以内の解約に問題ないことが記載されているので、まずはお試し気分で漫画を読んじゃいましょう。

\30日間無料で利用可能/

途中解約OK!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画大好き人間による漫画ネタバレサイト。最近流行の漫画を中心にネタバレ記事をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次