「ボルト」ネタバレ16話「器」感想

「ボルト」ネタバレ16話「器」感想

本記事は、ボルトの16話「器」感想です。

前話の感想は、「ボルト」ネタバレ15話「支う影・・・!!」感想をどうぞ。

目次

「ボルト」ネタバレ16話「器」感想

第16話感想目次

  • 動き出す「殻」
  • 親子組手
  • 異変を察知

動き出す「殻」

謎の組織「殻」から始まった今回。どうやら事後対応で揉めている様子です。

現場は火の国。ということは、早くも木の葉の里の忍者たちと一悶着起きそうですね。

ジゲンという男が担当するようですが、仲間の一人が露骨に不満そう。雰囲気が悪すぎる!

通信後、ジゲンが老人を強襲!早くも仲間割れか!?

「三昧の真火」なる術は再生能力すら無視する術。天照とちょっと似てますね。

ジゲンはどうやら木の葉の里とも何か因縁があるようで、前作の敵キャラの生き残りでしょうか?

親子組手

場面が木の葉の里に移り、ボルトとナルトが組手を始めるようです。

親子と言えど、遠慮は無し!お互い真剣な眼差しです。でも心なしか2人とも楽しそうです。

まずはボルトがお得意の影分身!分身で撹乱し、本体は背後を取る。シンプルながら効果的な戦略ですね。

必殺技の螺旋丸を仕掛けるも、術が打ち消されて!?んん、もしかしてナルトさん。”あれ”仕込んでませんか?

ボルトの次の手は、水遁・波濤(はとう)からの雷遁・迅雷箭(じんらいせん)の合わせ技!

ボルトが水遁の適性もあったとは驚きですね!でも、ナルトの風遁は継承できていないのかな?

強力な範囲攻撃をナルトは、お馴染みの土遁・土流壁で捌く!さらに壁から突き出した手が術を吸い込んで・・・。もう絶対”あれ”じゃないですか!

戸惑う間に背後を取られ、一本!壁に突っ込んだ手は切り離した義手。意識を奪う囮でした!

勝負を終えてネタばらし。やっぱり科学忍具でした!きたねぇーぞ、父ちゃん!

科学忍具は大筒木戦でも役に立つであろう踏み、実権を兼ねての組手だったようです。

しかしボルトはカンカンです。そりゃそうだ、ボルトにとっては見たくもないような代物です。それを真剣勝負で使われたとあっては怒るのも当然ですね。

ナルトはなだめようとしますが、ボルトの怒りは収まらず、ここで再びサスケが登場!道具は使い方次第だとボルトを華麗に説得しました。

ナルトも、もうちょっと頑張れ?

異変を察知

木の葉丸に視点が切り替わり、偵察中。謎の飛行船の姿を確認しました。殻が言ってた器かな?

船内を物色する木の葉丸は謎の容器を発見。しかし中身は空!殻だけに!

通信手段に科学忍具っぽいものを使用していて、すっかりITの波を感じます。

飛行船の外では何やら機械のような足を持った人物が迫り!?次回はいよいよ木の葉丸の見せ場かな?

続きは、「ボルト」ネタバレ17話「青」感想をどうぞ。

全話感想まとめはこちら!

>>漫画「ボルト」最新ネタバレ感想考察まとめ【Vジャンプ最新話まで網羅】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画大好き28歳!マンガの購入に繋がるよう「魅力」を伝え、マンガ業界を盛り上げたい。そんな思いで作った「マンガ大好きドットコム」では、ワンピースやキングダムなどの私が好きなマンガの感想と考察記事を投稿中。最新話の情報も含まれますので、ネタバレにはご注意ください!

ご自由にコメントをどうぞ!!

コメントする

CAPTCHA


目次