「ボルト」ネタバレ21話「使い方」感想

「ボルト」ネタバレ21話「使い方」感想

本記事は、ボルトの21話「使い方」です。

前話の感想は、「ボルト」ネタバレ20話「科学忍具」感想をどうぞ。

目次

「ボルト」ネタバレ21話「使い方」感想

第21話感想目次

  • 諸刃の剣
  • 青の迷い
  • 木の葉丸班vs青

諸刃の剣

さて、青を迎え撃つため恒例の作戦会議です!敵は機械仕掛けの体ですから、相応の対策が必要になってきますね。

木の葉丸の話から、青は現役時代に白眼を持った実力者だということが分かります。

肝はやはり奪われたアーム。アームのせいで忍術は吸収されてしまいます。厄介な物奪われやがって!

木の葉丸の考えた作戦は、あえて忍術で攻め、死角から攻める陽動作戦。決めるのはもちろんボルト!

アームから発生させる吸収球(アブゾーブスフィア)にも、多少の隙が生まれるようです。十分勝算がありますね。

科学忍具の剣を構えてバシッと決めましたが、突然ふらつき・・・?

どうやら科学忍具の剣は、チャクラの消費量が半端ないようです。その分威力は申し分ないとのこと。これは使い所が大切ですね!

ゲームのチートのようにはいかないとのカタスケの助言に対して、ボルトは忍術と一緒で扱うには修業が必要と言い切ります。

こ、子供の台詞じゃない・・・!ほとんどの子供は勝つためにズルいことしたくなるし、できないなら言い訳並べたりするもんですよ!

ボルトは本当に中忍試験の挫折から変わりましたね!これにはカタスケもにっこりです。

青の迷い

ボルトたちを探す青。そこに殻の幹部、仮面の男果心居士(かしんこじ)が接触しました。

青は殻の外陣(アウター)として活動しているようですが、忍時代に禍根がありそうですね。過去編が期待されます!

青も果心居士の思惑は計り知れないようで、どうやら殻も一枚岩の組織ではなさそうです。

木の葉丸班vs青

木の葉丸班と青との戦闘開始です!待ち伏せ作戦は青に見破られていますが、果たして!?

先陣を切ったのはミツキ!雷遁・紫電を放ちますが、当然吸収!木の葉丸とサラダも続き、立て直したミツキと一緒に忍術を連発します。

ここまでは作戦通りですね!けれど青にはお見通し!ボルトが死角から攻撃することを読み、奇襲は失敗に終わります。

科学忍具の剣も奪われて作戦失敗か!?しかし、ボルトの本当の狙いは科学忍具を奪わせること!

ミツキが腕を拘束し、科学忍具の副作用で青が弱体化します。とどめの螺旋丸・・・!も、囮!吸収球に対して同じように吸収球を出して、相殺させます!

ボルトは相変わらず戦闘IQが高すぎる!見事に本命の螺旋丸が炸裂しました!

このまま優勢で進められるか、次回は青から何か仕掛けてきそうですね!

全話感想まとめはこちら!

>>漫画「ボルト」最新ネタバレ感想考察まとめ【Vジャンプ最新話まで網羅】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画大好き28歳!マンガの購入に繋がるよう「魅力」を伝え、マンガ業界を盛り上げたい。そんな思いで作った「マンガ大好きドットコム」では、ワンピースやキングダムなどの私が好きなマンガの感想と考察記事を投稿中。最新話の情報も含まれますので、ネタバレにはご注意ください!

ご自由にコメントをどうぞ!!

コメントする

CAPTCHA


目次