「ボルト」ネタバレ1話「うずまきボルト!!」

大人気漫画「ナルト」の続編にあたる作品「ボルト」。今作ではナルトも登場しますが、主人公はナルトの息子である「ボルト」です。

本記事では、そんな「ボルト」のネタバレ感想記事です。感想を共有したい方は、どうぞ本記事をご覧ください。

目次

「ボルト」ネタバレ1話「うずまきボルト!!」

  • その名は「うずまきボルト」
  • 科学忍具の登場
  • サスケ登場!!

ボルト第1話のネタバレ感想をまとめるのですが、今回は上記3項目に分けて解説します。

それではさっそく深堀していきましょう。

その名は「うずまきボルト」

ボルト第1話では、二人の男が対峙しているシーンから始まります。一人は「カワキ」という男。そしてもう一人は「ボルト」。

そして「カワキ」は、ボルトに対して意味深な発言をします。「七代目と同じところに送ってやる」と。。。

七代目は「ナルト」のはずなんですが、まさか死亡してしまったのでしょうか。ナルトファンからすると、いきなりショッキングなシーンから始まりましたね。。。

そしてシーンは変わり、ボルトの幼少期へ。幼少期と言っても、12~15歳くらいの年の話。

そのころのボルトは・・・なんかただのクソガキのような。。。父親が偉大過ぎるせいか、常にいじけている少年のようです。

科学忍具の登場

ボルトは「サラダ」と「ミツキ」とスリーマンセルを組んでおり、先生は木ノ葉丸。時代を感じます(笑)

パンダ?を捕らえる任務にあたっているようですが、ここで木ノ葉丸が科学忍具を使用。奈良一族秘伝の影縛りの術を披露して見せました。

科学忍具とは、巻物に忍術を封印しておき、好きな時に使用できるものとのこと。そして、チャクラ有無は関係なく、極端な話、忍者でも忍術を使えるとかなんとか。

一応、今は試作品段階で、まだデータを集めている状況とのことですが、完成すると忍の世界が一変しそうですね。

サスケ登場!!

シーンは変わり、ボルトの妹「ヒマワリ」の誕生日会。忙しいはずのナルトも家に帰ってきており、「ナルト、ヒナタ、ボルト、ヒマワリ」の4人で席を囲んでいます。

しかし、急にナルトは消滅。どうやら家に帰ってきていたのは影分身だったようで、本体は火影室で倒れてしまっていたようです。

当然、誕生日に帰ってこなかった父のことを許せなく思うボルトですが、その時、家に訪問者が。

そこに現れたのは、サスケでした。ボルトはすぐに気づきます。父のライバルだった人であると。

そしてボルトは言います。弟子にしてほしいと。倒したい奴がいると。

この倒したい奴とは、父であるナルトのことなんでしょうね。

ほんとクソガキですね。ナルトファンからすると、どうもボルトは好きになれません。

サスケはボルトを弟子に取るのか。気になるところで第1話は終了です。

「ボルト」第1話感想まとめ

  • その名は「うずまきボルト」
  • 科学忍具の登場
  • サスケ登場!!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画の購入に繋がるよう「魅力」を伝え、漫画業界を盛り上げたい。他サイトでは漫画の購入には繋がらないような「ネタバレしすぎ」な記事ばかりなので、当サイトで検索上位を独占して「ネタバレしすぎなサイトを淘汰してやろう」と考えています。

目次