【怪獣8号】四ノ宮功のプロフィール【解放戦力・専用武器を徹底解説】

【怪獣8号】四ノ宮功のプロフィール【解放戦力・専用武器を徹底解説】

本記事で、怪獣8号で登場する「四ノ宮功」の人物紹介です。

プロフィールの他に、解放戦力・専用武器といった情報についてもまとめていきます。

怪獣8号の四ノ宮功について知りたい人は、本記事ですべて知ることができますよ。

目次

【怪獣8号】四ノ宮功のプロフィール【解放戦力・専用武器を徹底解説】

名前四ノ宮功
年齢
性別男性
解放戦力
専用武器ナンバーズ2

四ノ宮功は怪獣8号に登場する主要キャラクターで、防衛隊トップの長官であり、四ノ宮キコルの父でもあります。

外見は髭と繋がったもみあげが特徴で、厳格を絵に描いたような人物。

また、長官として、国の平和と未来を第一に考えており、とても責任感が強く威厳のある人物でもあります。

四ノ宮功の戦闘シーン
「怪獣8号」第6巻より引用

そんな四ノ宮功ですが、10年前の怪獣6号を中心とした群発災害にて妻のヒカリを亡くしました。

その悲しみを背負いながらも、国のために、防衛隊員のために、そして娘のキコルのために体を張って戦います。

特に、怪獣9号戦での功の勇姿には本当に胸を打たれ、この戦いは怪獣8号における名場面です。

キコルのために戦うシーン
「怪獣8号」第6巻より引用

次々と明らかになる功の内に秘めた想いを知り、その上で身を呈して戦っている様子を見ると、功の強さと優しさに感動してしまうと思います。

それだけ、誰かの心を動かすことのできる素晴らしい人物であり、非常にカッコいいキャラクターになっています。

四ノ宮功の解放戦力

解放戦力は不明です。

しかし、かつて防衛隊史上最強と謳われた男であることから、現在防衛隊トップである鳴海弦の98%に近い数値を記録していたのではないかと考えられます。

ただ、”かつて”と言われていることや、功が自分で衰えたと発言していたことから、現在は、若かった時よりは少し解放戦力が落ちているかもしれません。

それでも、怪獣8号や9号と戦っている様子からは、相当な解放戦力を持っていることが予想されます。

四ノ宮功の専用武器

四ノ宮功の専用武器
「怪獣8号」5巻より引用

四ノ宮功の専用武器は、ナンバーズ2です。

怪獣2号は、1972年札幌市を壊滅寸前まで追い込んだ、破壊力が凄まじく屈しない気位の高さを持つ大怪獣でした。

その2号をベースに造られたスーツとアームを、この世で唯一使いこなした人物が功です。

そして隊式格闘術は、4種類。

1つ目が1式蓮破。

1式蓮破
「怪獣8号」第6巻より引用

2つ目が2式発破。

2式発破
「怪獣8号」第5巻より引用

3つ目が2式双破。

2式双破
「怪獣8号」第5巻より引用

4つ目が4式昇破。

4式昇破
「怪獣8号」第6巻より引用

どれも2号が用いていた攻撃方法です。

そしてもう1つ、指向性エネルギー攻撃という技がありますが、これは、2号の主力攻撃であり、体内に超高レベル電磁エネルギーを発生させて放つパンチです。

指向性エネルギー攻撃
「怪獣8号」第6巻より引用

また、シールド出力全開の状態では、怪獣8号のパンチにも耐えうる防御力を発揮します。

このように、ナンバーズ2を用いた功の戦闘能力はとてつもなく大きいです。

ただ、識別怪獣兵器の全解放は得られる力が莫大であるため、負荷が強すぎて使用者の命を削るとされています。

よって、大怪獣を相手にした戦闘時は相当なリスクを伴うため、このような場面ではサポート役の来栖と一緒に戦っています。

サポート役の来栖と一緒に
「怪獣8号」第6巻より引用

まとめ:【怪獣8号】四ノ宮功

本記事では、怪獣8号に登場する四ノ宮功について、プロフィール・解放戦力・専用武器についてまとめました。

簡単に、もう一度下記にまとめます。

名前四ノ宮功
年齢
性別男性
解放戦力
専用武器ナンバーズ2

人気記事

人気記事【怪獣8号】アニメ1期は何巻のどこまで放送?原作続きが何話から読めるか解説

人気記事【怪獣8号】漫画は何巻まで?全巻値段(単行本)はいくら?

人気記事【微妙?】怪獣8号は面白いのか?つまらないと感じる人の口コミ・評判も隠さず公開

ネタバレ記事

関連記事【怪獣8号】全巻ネタバレまとめ【最新話まで完全網羅】

関連記事【怪獣8号】1巻ネタバレまとめ

関連記事【怪獣8号】2巻ネタバレまとめ

関連記事【怪獣8号】3巻ネタバレまとめ

関連記事【怪獣8号】4巻ネタバレまとめ

関連記事【怪獣8号】5巻ネタバレまとめ

関連記事【怪獣8号】6巻ネタバレまとめ

関連記事【怪獣8号】7巻ネタバレまとめ

関連記事【怪獣8号】8巻ネタバレまとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画の購入に繋がるよう「魅力」を伝え、漫画業界を盛り上げたい。他サイトでは漫画の購入には繋がらないような「ネタバレしすぎ」な記事ばかりなので、当サイトで検索上位を独占して「ネタバレしすぎなサイトを淘汰してやろう」と考えています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次